運命の出会い!? ギャッベ展 in 岐阜県可児市 万寿実家具さん1

先日の打ち合わせの時に、担当のIさんから、モデルハウスに展示されていた絨毯のメーカー(ギャッベ)を教えてもらいました。

モデルハウスを見学した時から気になっていた絨毯。

お値段を聞いて諦めていましたが、お隣の岐阜県で販売展示会をしているとの事!!

ギャッベと呼ばれる絨毯は手作りされていて、どれも1点モノ。

自分の気に入った柄と出会えるのもなかなか難しい商品らしいので、買えるかどうかは置いておいて、一度、見に行ってみようと言うことになりました。

 

と言うことで、中央道を使ってひとっ飛び!


大きな地図で見る

途中土岐JCTで東海環状自動車道に乗り換え、可児御嵩ICまで約2時間で行けました。

着いて早速、憧れのギャッベと対面!

↓の写真は、オーナーさんが譲り受けた、織り機と制作途中の絨毯。

こちらを使って、大人1人が約2カ月掛けて作るそうです。

工業製品として作っているわけではないので、模様がズレていたりしますが、

ソコが手作りの温かみというか、ゆるい雰囲気を醸し出していてとってもイイんです!

DSC_0054

中心の白い部分は着色しない羊毛を使っているそうです。

羊によって毛の色も若干異なるので、淡い色使いになって素敵でした。

DSC_0059

柔らかい色使いが素敵です。

何回も足を運んでも、これだ!という柄が見つからないと言うお客さんもいるそうですが、

どうしてどうして、あれもこれも好みの柄…\(^o^)/

DSC_0062

ラクダや山羊のイラストが入っています。

こちらは砂漠の風景でしょうか。

イラストも可愛く心がぐらんぐらんしましたが、

サイズが大きすぎました。

DSC_0064

大きくイラストの入っているものもあります。

DSC_0066

横長の小さいタイプもあります。

キッチンに敷くのにぴったりのサイズですが、もったいなくて敷けません…。

DSC_0068

200枚もの絨毯がありますが、見ていくと自分好みの傾向が見えてきます。

写真に収めさせてもらった絨毯たちを見ると、どうやらベージュっぽい色が好きなようです。

DSC_0069

といくつか写真で紹介しましたが、見た瞬間ビビ!!と来た運命の出会いの柄が有りましたが、

ビビっと来すぎたため、写真を撮り忘れてしまいました。

ちなみに玄関マットサイズです。

教室に配置したら、またブログにアップしたいと思います!!

最後に、とても分かりやすい説明と、有意義な絨毯選びをエスコートしてくれた店員さん(社長さん!?)と記念の一枚。

DSC_0073

諏訪から来たと伝えたら驚かれていました(;´∀`)

 

その2へ続く…

 

万寿実家具

http://www.masumi-kagu.com/

4件のコメント

  1. ペルシャ絨毯と聞いただけでとても手が出ません
    見るだけ! 見るだけ! ちょっと触るだけ! って感じ
    牧歌的で 色合いやイラストがとてもやわらかく 
    気分が落ち着きますね
    タペストリーや壁に貼りたいくらいです

  2. >風花さん
    ギャッベの絨毯はどれも草木染めした羊毛を使うとのことで、
    淡く優しい雰囲気に成るんでしょうね。
    僕は語彙が少ないので”ゆるい”雰囲気と言葉足りない表現をしてしまいましたが、
    ”牧歌的”と表現すればいいんですね!
    言葉を知らず辞書を引いてしまいました。
    勉強になりました!
    ありがとうございます(^◇^)

  3. 遠くからお越しいただき、また
    運命の出会いのお手伝いをさせていただき、
    誠にありがとうございます。

    ギャッベの魅力を存分に感じていただけ、うれしく思います。

    運命の出会いがあったギャッベが
    教室に敷いていただける日を心待ちにしています。

  4. >ますみかぐさん
    先日は、素敵な出会いのプロデュースと、
    興味深い、ギャッベのお話を有難うございました。
    3月半ばにギャッベのお披露目が出来そうです!
    またこちらで紹介させて頂きますね!

コメントは停止中です。